人工知能と拡張現実の技術

人工知能と拡張現実の技術を活用した、“ブタの体重が見える眼鏡”を日本で開発した人がいるそうです。
ブタは出荷時の体重が115キロだと最も格付けが高くなる確率があるそうな。
それなら、体重が重要だということはわかりますね。
人間と違って体重計に乗って!ってわけにはいかないですし、たくさんのブタがいるだろうから時間的なロスもあります。
漫画とかに出て着そうな測定器ですが、近未来的なものではなくなっているんですね。
気になるのは測定できるのはブタ・・・のみ???なんですかね。
ちょっと詳しいことはわかりませんけど、コレは他の動物というか人間でも分かるんですかね。
そうだとしたら、こっちを見るのはやめてほしいです。(笑)

コメントは受け付けていません。