争いごとにならない?

東村山古紙のリサイクルにて封筒に192万のお金が入っているのが発見されました。
警察に拾得物として預けられているそうです。
こういうのって一年に何回か報道がありますよね。
きっと誰かのへそくりというか箪笥預金だったんでしょうね。
高齢者か、はたまた今の時期だとコロナで急変してお亡くなりになったとか。
本人しか知らないお金というのは、家の中で眠っているものでしょう。
三か月すぎて持ち主が現れなかったら工場のものになるそうですよ。
でもこの「工場のもの」って、どうするんですかね。
正直に届け出た従業員にではなく、工場ですからね。
経営者が工場のものとして、職場のあれこれに使うってなったり?
最初に見つけた人にだけいくらか払うとかなさそうだし。
争いごとにならないといいですね。

コメントは受け付けていません。