「激安」の文字が嫌いな人はいない

「激安」の文字が嫌いな人はいないでしょう。
その値段につられて購入してしまう気持ちも理解できます。
でもいくら安くても昭和の洋服という、昭和の人のコント用かと思うよなものは買っても着用することができないのでいらないです。
5292円を500円セールとかキャミソールが5076円から500円とか。
そもそも、キャミソールに5076円もかけられないのでそこらへんもビックリです。
なんでもかんでも500円にすればいいってもんじゃないし、こうなってくると500円がそもそも安いのかなって疑問も生じてきてしまいますよ。
こちらは新品だけど中古の洋服なら普通に200円くらいで売っていますからね。
安い洋服ばかり買って合わせるセンスもないから組み合わせは大変です。

コメントは受け付けていません。