デジタル化で一目でわかる

私は味オンチなのでコーヒーの良し悪しはわかりません。
「やっぱりハンドドリップは違いますね」とインタビューに答えていたおばさん。
本当に味の違いが分かっているのかなって少々疑問です。
ベテランの人は人に教えるのは感覚的なことしか言えないので、職人技を後継させるのは難しいようです。
大手メーカーが開発したものをテレビで見ました。
抽出が難しいので測りを用いてデジタル化して誰でも入れられるようにすることが可能のようです。
お湯を入れる時間や量が見てわかる。
とは言っても、やっぱり難しいみたいですね。
達成度が出てくるので理想がわかるようです。
やっぱり目で見てわかるというのは、誰がやっても味を替えることにならずに用ですね。

コメントは受け付けていません。