総二階建ての通勤電車

1992年に総二階建ての通勤電車、快速アクティなる電車があったそうですね。
通勤ラッシュを解消するためにつくられたこの二階建ての電車。
一つの車両に二つしか扉がないし、階段などでデットスペースが多いくて乗り降りに時間がかかって不評だったそうです。
そりゃあ、通勤には向いていないですね。
とある人の通勤混雑緩和案で電車とホームを両方二階建てにするというのがありました。
ああ!って声が出ました。
実現出来たらすごいけど、ホームまで二階建てってお金がかかりそう。
でも新幹線を作るより安上がりだし、山手線をもう一本つくるよりも10分の1くらいの値段で出来るそうです。
あとはラッシュ時間は金額を高くしたり、座席の有料化などの案もありましたね。