食べ物って不思議

食べ物って不思議だなと思うことがあります。
美味しい、また食べたいと思って再度食べたらそんなに美味しいわけでもなかったということがあります。
またあの美味しさをと過剰な期待がそうさせているんですかね。
そんなことが続いたので、物凄く美味しかったと思ったものについて次に買うのは止めてしまいました。
高いものだし一番最初の感動が薄れる気がしてならないのです。
食べることを生きがいにしているわけでもグルメな人間というわけでもありません。
それでも何かを食すというのは人生の彩には必要な事だし、どんなときでも美味しいものを食べれば幸せになります。
他にも一時期はすごく食べたいと思ったものがあるのですが、手に入らずにいて次にみつけたときは高カロリーだったので止めてしまいました。