シリーズものでなんとなく軽い気持ちで読んだいたミステリー小説が最後の方で意外なオチがあって少々驚きました。
一応は犯人が存在するミステリーだったんだなと思い出しましたよ。
主人公があっさり刺されてしまったりして今までにないことが起きましたけど、なんとも軽く感じたのは私だけだったんでしょうかね…。
そして犯人はあっさり自殺してしまうのです。
謎の遺体も出てきて、ホンボシである黒幕はまた捕まえられず。0
ということはまだまだこのシリーズは終わりそうにありません。
本を読んでいる読者としてはいいのですがもうちょっと実のある話しにして欲しいと思ったりもします。
一回読んでそれで終わりでいい本ばかりでそこは非常に残念に思います。