おいしい調理法の裏技

シジミって水につけとくのとか面倒だなと思っていたのですが、おいしい調理法の裏技というのを見て本当のおいしさを引き出すのはもっと大変だということを知りました。
まずは1%の塩水で塩抜きをすることからはじまります。
真水と塩水は見た目は変わらないが味が全然違う。
ヤマトシジミを3時間つけるとうまみ成分を貝ないにとどまらせることが出来る。
その次に水からだしてからまた3時間放置するべし!
湿らせたペーパーをうえにかぶせておくと良い。
エネルギーを酸性うするためにコハク酸を出す。
そのあとにシジミを冷凍する。
冷凍すると細胞が壊れやすくなって出汁が出やすくなる。
冷凍したシジミは湯にそのまま入れて良いとのこと。