歯ぎしりとストレス

歯ぎしりは日中のストレスを発散することで解消しているとのことです。

歯ぎしりは3つのタイプがあります。
ギリギリと音が出る。
人から注意されるレベルでうるさい。
(これが一番有名な歯ぎしりですね)
カチカチと音が出る。
上下の歯をぶつけ合う。
何も言わず音もなく食いしばるのがサイレントタイプ
アゴは動いていないのに歯を食いしばりながら眠っているのです。
この場合は頭痛や肩こりが起こることがある。
閉じるときに使う咬筋や側頭筋に力が入っています。
首や肩の筋肉が同じようにぐっと使われているからです。
マウスピースを入れて寝ると緊張が緩むようになります。
リラックスするための体操
下アゴを前に出して、左右にスイングさせる1回3分。