秋バテ実験

35度くらいの暑い部屋で20分じっとしてもらいます。
そのあとで25度の部屋に入り同じように20分して、7回ほど繰り返してみます。
35度の部屋に最初にいたときは大汗をかいていたのに、数回繰り返すと汗がかかなくなる。
最初は環境の変化で対応していたのに自律神経に異変がおきて、汗をかきにくくなる。
体温の調節をしなくなる
寒いときは末梢の欠陥を縮小させて体温の調節をする
サーモグラフィーで見てみると、体はじわじわと熱くなっていますが繰り返すたびにそこもおかしくなります。
本人は自覚がなく普通に過ごしていました。
こうして自覚がないまま自律神経が悪くなっているまま秋になります。
そして秋にいっきに症状が出る原因があります。
太平洋がwあは気圧が高くて
気宇機中の酸素濃度が乱れるので夏のダメージがあると秋の機構の変化で秋バテを引き起こす
秋バテをほおっておくと免疫や代謝が低くなって感染症になってしまう

医師になりたいという夢

男の子に絶大な人気を誇るスポーツ選手や、女の子が憧れる保育士・幼稚園の先生のように将来の夢人気No.1にはならないものの、将来の夢のひとつに必ずランクインしてくるのが医師という職業です。そして30代、40代を迎えてから医師になる人も少なからずおり、長い間、医師になりたいという夢を温め続けている人が多いのも医師という職業です。病院の医師でも保健所の医師でも海外の医師でもいろんな形があります。(事例としては都内の保健所の医師求人情報なども要チェックです)

医師というと拘束時間が長い激務…、意外と割に合わない給与…、最善を尽くしても訴えられるリスクがある…、など現実的には厳しい面もありますが、病気やケガに苦しむ人たちを助け、健康というかけがえのないものを守る絶対的な存在に、憧れを抱く気持ちは少なくありません。

社会貢献性が高く、プロフェッショナルとして働くことのできる医師を目指して志を強く持つ人は実際多く、医師になるための最初の登竜門となる医学部の受験では、二浪、三浪と複数年の浪人経験を繰り返してもなお医師を目指す人も珍しくありません。また一度は受験が上手く行かず他学部への進学や社会人になって医師とは別の道を選択するも、医師になりたいという夢を諦めることができず再度、医師を目指す人もいる程です。

医師になるために避けて通ることができないのが医学部の受験ですが、医学部の最高峰と言われる東京大学や京都大学の医学部偏差値は75以上、国立大学の医学部においては全て偏差値60以上が必要とされています。大学や受験の難易度は一般的に偏差値で表し、偏差値70以上は全体の約3%、偏差値60以上は全体の15%前後に過ぎないため、いかに限られた人たちが医学部に行くことができるかがわかります。

しかしながらある子どのもの夢の実現確率のリサーチでは、医師になることができる確率は2.9人に1人の割合で、医師になる夢を叶えることができるという結果でした絶対数的な問題もありますが、夢が叶う確率が2,000分の1であるプロスポーツ選手に比べれば、医師になりたいという夢は現実的に叶えることができる、そう遠くない夢と言うことができるでしょう。

大学受験の中でも最難関を極める医学の受験、難しい講義やテストが幾度となく繰り返される医学生の6年間、出題数各日500問以上3日間に及ぶ医師国家試験、医師になってからも続く自己研鑽の日々、こうした全ての人が真っ当できるわけではない黙々と続く努力をどれだけの熱意を持って貫くことができるかによって医師への夢をつかむことができるのでしょう。