慢性閉塞性肺疾患

COPD(慢性閉塞性肺疾患)というものをご存知ですか?
このCOPDの患者は90%以上に喫煙経験があるので、別名として『肺の生活習慣病』とも言われています。
COPDは長期間の喫煙歴があればだれでもかかる可能性がある病であり推定では日本で530万人の潜在患者がいるとされています。
喫煙者は減っているようですけど全くのゼロにはならないでしょうから、喫煙する人は注意が必要ですね。
息切れや咳やたんが出るという症状があっても、すぐに病気だと考える人はあまりいませんよね。
でも少しでも知識があれば病を疑うことは出来ますよね。
COPDは進行すると少し動いただけで息切れをするようになり、肺がんや動脈硬化症や、心臓、血管疾患、また骨粗しょう症にもなってしまいます。