耐震性に問題がないということ

建築士の資格がないのに戸建てなど55件の建築や建設確認申請を出していた50代男性が逮捕されたそうです。
実在する建築士の名前を語るって堂々とした犯行ですね。
人生の中で一番の高い買い物になる可能性が高い住宅。
そんな大切なものを資格のない人間に任せてしまった人はなにを思うんですかね。
3件確認して耐震性に問題はないそうなので、完全な素人ではないんでしょうね。
それにしてもばれないと思ったんでしょうか。
大昔ならともかく今はインターネットが普及しているのだから、どんな小さな悪事もばれる可能性が高いと思います。
購入者はもちろんのこと名前を使われてしまった人に対しても失礼な事です。
耐震性に問題がないということだけは良かったですが・・・。

某海外ドラマを見ていたら・・・

某海外ドラマを見ていたら、殺された男性と殺害を疑われる妻というこんなシーンがありました。
高校生の頃からの付き合いで、一緒に入隊して結婚。
妻の方だけ出世、夫はクビになる。
軍隊所属で相手を攻撃するための指導員でもある強い妻だったのに、夫の暴力には逆らえず。
受ける暴力に麻痺して反応しなくなった妻の弱みを探した夫は子供を取り上げると言い出す。
夫は不倫して子供までつくっておきながらそんな事を言うか?
DVの証拠が病院にあるし、夫は働かず妻はきちんと働いているどころか軍人なんだから裁判でも勝てると思うんだけど。
まあ、結局は夫を殺したのは妻ではなかったということなので良かったです。
この世の中には殺されてれも同情されない人っていると思います。

みんなストレスを感じながら生きている

人の車のタイヤをパンクさせる、車の側面を傷つける犯罪は軽犯罪ではありません。
犯罪者を追う番組でばっちり映像にとらえられていました。
煙草を吸っていることも嫌悪感ばかりですが、火がついたままポイ捨てをするという最悪な人間です。
仕事の前にわざわざ人の車を傷つける。
犯行理由は「イライラを解消するため」頭がおかしすぎますね。
年老いた父親に迷惑をかけ、馬頭されていました。
私自身だって人に褒められるようなところもなく普通の人間ですから、人様をとやかく言う資格はないかもしれません。
でも人に迷惑をかけるようなことはしないようにしてますよ。
イライラしていたから?
現代社会で生きている人間は多かれ少なかれみんなストレスを感じながら生きているのに馬鹿じゃないの。

寒い季節が好き

暑いのは何よりも嫌いなので、寒い季節が好きです。
だから長袖を着る季節が私にとってはよいわけです。
毎日やっているお風呂掃除のときは、ゴム手袋をするのは必須で着ている袖は折り曲げます。
洗っている途中で袖が落ちてくるのはすごく嫌です。
以前に、物知りな薬剤師先輩が教えてくれたことがあります。
折り曲げる袖は外側ではなく内側に折ると良いよって。
確かに内側に折った方が落ちてこないと試してみてわかりました。
でも外側にニットを着ていると内側に折ると肌に直接つくんですよ。
私は素材によってはそのチクチクが嫌なのでこれは出来ないとわかりました。
せっかく良い方法だなと思ったのに私にとっては万全ではありません。
袖止めゴムが一番かな。

安全運転をする人の方がいい

乗用車、トラック、乗用車、4つ目にいた乗用車が追い抜こうとしたら、トラックも同じタイミングで追い抜こうとして二台がぶつかったという事故があったそうです。
4つ目の乗用車の男性は電信柱にぶつかって死亡。
亡くなった人のことを悪くいいたくはありません。
でも、前に3台の車があるのに追い抜こうとするなんて無謀な運転ですよ。
しかも普通車じゃなくてトラックもいたんですよ。
トラックも抜かそうとしたということは一番前の車が遅かったのかもしれません。
朝7時ということは通勤途中で急いでいたのかもしれません。
そして現場は見通しが良い直線道路。
だからと言って、それで追い抜こうと思うその気持ちは理解できません。
安全運転をする人の方がいいです。

米軍がヘリから落としたもの

沖縄の米軍がヘリから落としたものは約8キロもする窓です。
どんな人間でも直撃していたらただではすまないものですよ。
落下時には約50人の子供たちが校庭で体育の授業中だったそうです。
直撃ではなく落ちた衝撃で窓が割れたすえに小石が校庭にいた男児がいたみたいです。
先週は近くの保育園でもモノが落ちていたとの話題がありました。
しかし米軍が否定したことで、自演じゃないかとか抗議の電話やメールがあったとか信じられません。
沖縄と米軍基地の問題はどうしても他人事になりがちです。
沖縄の人達は日本の安全と引き換えにして生活をしているんですよね。
しかし米軍がいないと商売にならない人もいてその複雑性は人にもよるかもしれません。
人への被害が起きないように祈るばかりです。

デジタル化で一目でわかる

私は味オンチなのでコーヒーの良し悪しはわかりません。
「やっぱりハンドドリップは違いますね」とインタビューに答えていたおばさん。
本当に味の違いが分かっているのかなって少々疑問です。
ベテランの人は人に教えるのは感覚的なことしか言えないので、職人技を後継させるのは難しいようです。
大手メーカーが開発したものをテレビで見ました。
抽出が難しいので測りを用いてデジタル化して誰でも入れられるようにすることが可能のようです。
お湯を入れる時間や量が見てわかる。
とは言っても、やっぱり難しいみたいですね。
達成度が出てくるので理想がわかるようです。
やっぱり目で見てわかるというのは、誰がやっても味を替えることにならずに用ですね。

女性からの視点

いつから、結婚を目指して婚活、妊娠を目指して認活とかって呼ぶようになったんですかね。
新津きよみさんの「二年半待て」を読みました。
◯活テーマの七つの短編集になっています。
あなたは今どのステージに立っているのでしょうか?と作者のあとがきがあってはじめて、テーマがあったことに気が付きました。
女性からの視点で物語は進みます。
オチがどうも腑に落ちないものばかりでした。
ひっくり返したつもりかもしれないけど、だから何なんだろう?という中途半端な気持ちになった話しもあります。
タイトルの「二年半待て」でははじまりに結婚を待ってくれと話す男性とそれを受ける女性がいるのですが、本編でのカップルじゃなかったとか。
好きな作家さんですけど残念でした。

人の評価とは難しいものです

人の評価とは難しいものです。
薬剤師の中でもAとBと部署が違います。
仮に私がいる方をAとして、Bにいる人から私達Aで一番新人のUさんの働きについて聞かれたんです。
私よりも10歳も年下なので、若い子っぽいノリはあるものの、仕事はちゃんとこなしているし、Aグループの中でもUさんがいないときに悪口が出るようなことはありませんでした。
しかし、その時に一緒にいたAグループの在籍が一番長い人が、愚痴とまでは言わないけれど結構言っていたんですよ。
文句というほどではないけど、若者の受け答えとか電話の対応とか。
言うほどのことでもないと思っていたのに、他のグループでもあるBの人にそんなこと言う?と驚きました。
私も影では何を言われているか分からず怖いですね。

実家にいる人間の定め

お盆休みの何が嫌いって暑い夏はどこにもでかけたくないので予定を入れない私に、休みの間はどうだったか何をしたかを聞かれるからです。
結婚していない以上、子供が行きたいようなところに行く必要もないし挨拶をしに行く親もいないんだから。
混んでいるのが分かっているのに必要もないのに出かける気になりました。
それ以外に妹夫婦や兄夫婦がくるという面倒なことがあることをすっかり忘れていました。
妹夫婦は遠いからこないことが多いのに今年は来るって。
それどころか連泊していくなんて当日まで知りませんでした。
そして妹夫婦と予定が合わないからとずらして来る兄夫婦。
もうさ、私の休みなんて人のせいでつぶれてばかり。
実家にいる人間の定めですね。